外に自由に出入りさせて飼われている猫なら、飼い主は爪とぎを気にする必要は、さほどありません。かたい地面を歩いたり、木登りをしているうちに、自然ととがれるような効果があるからです。しかし、最近は病気の感染や思わぬ怪我などをさけるために、ずっと室内で飼うケースが増えています。その場合は、かならず部屋のどこかで爪をとぐ必要があります。爪とぎの場所をちゃんと用意しておくことは、もちろん大事ですが、そのほかにも、部屋がストレスの多い環境であった場合、飼い主が大切にしている布張りのソファや、木製の家具などで爪をといでしまうこともあるでしょう。猫が爪をとぐのは自然なことですが、禁止している場所でガリガリと爪をといでしまうのには、うまくいっていない理由があると考えられます。

猫が爪をとぐ理由はひとつではありません

猫が爪とぎをするのには、いくつかの理由があります。「敵から身を守れるよう、古くなったさやをとり、爪を鋭くとがらせておく」というものが、もっとも知られていますが、実はそれだけではありません。爪をとぐ場所というのは、本人のなわばりです。爪を研ぐときに出るフェロモンを、その場所につけて「ここは自分のなわばりだ」と主張しているのです。また、緊張しているときや、興奮しているとき、ストレスを感じているときに、リラックスをするために爪をとぐこともあります。そして、飼い主が大事にしている家具などの、「禁止されたところで爪をとごうとするケース」ですが、これは飼い主の関心をひくためにしている場合と、その場所の爪をとぐ感触が気持ちよくてしているという場合があります。

大切な家具で爪をとがせないようにするには

飼い主の関心をひくためにしている場合、叱るのはあまり効果がありません。爪をといでいるのを見ても、知らないふりをして大きな反応せず別のところで爪をとがせるような対策をとるほうがいいでしょう。たとえば、ボロボロにしたくない場所にはカバーをかけたり、壁なら爪傷防止のシートを張るなどします。別のところの爪とぎに誘導するのです。感触が気持ちよくてしている場合は、その感触に似た製品を使ってみる方法を試してみましょう。それぞれの個性によって、木や荒縄といった硬い感触のものが好きだったり、布やダンボールなどのやわらかめのものでよく爪をといだりと、好みがあります。また合成フェロモン製品を使用してみると、ストレスを抑えて過剰に爪をとぐことをやめさせられることがあるそうです。お困りであればためしてみてもいいかもしれません。