飼っている猫が爪とぎをして困っている人は多いのではないでしょうか。中には専用の遊具を設置している人もいるかもしれませんが、それを使用せずに家具や壁などを引っかくことで、いつのまにか家のあちこちがボロボロになることに頭を悩まされている人もいるかもしれません。そしてそれが自分の持ち家ならまだしも、賃貸物件ならさらに大変です。ですが、全ての猫が爪とぎを行うわけではありません。知人が飼っている子はまったく行わなかったり、また家の子でもいつの間にかしないようになったりすることがあります。そんな時、家の子と知人の子との違いが気になったり、急にしなくなったりすると、大丈夫?と心配になったりすることもあるかもしれません。ですが、さほど心配する必要は無いのです。

爪をとぐ理由と逆にやらない理由

本来、爪をとぐという行為にはいくつかの理由があります。まずマーキングです。爪をとぐことで自分の臭いを擦りつけ、縄張りを主張するという意味があります。他には爪を鋭くしておくことで獲物を捕まえやすくするという目的があります。また、ストレスを感じたり、飼い主の気を引きたいときに爪とぎを行う猫もいるようです。では、なぜやらない子がいるかというと、まず完全室内飼いの場合、外に比べて自分の縄張りを主張する必要がないため、マーキング自体を行わないという子が多いです。もちろん、自分で獲物を捕る必要も無いため、爪を鋭くしておく必要もありません。また、爪きりなどの定期的なお手入れを飼い主が行っていて、さらにストレスを感じずにのびのびと暮らしている場合も爪をとがない子は多いです。

爪とぎを行う子の場合の上手な対策とは

まず何より爪切りを定期的に行ってあげることが大切です。爪を切ることをとても嫌がる子もいるかもしれませんが、自分でできない場合は獣医さんに頼んでやってもらうようにしましょう。こうすることで家の各所で爪をたてることが無くなる可能性があります。また、どうしても引っかかれたくない場所がある場合、市販の防止スプレーを使用することも効果的です。防止スプレーには猫が嫌がる匂いである柑橘系などの香りが含まれており、これも定期的にスプレーすることで思わぬところを傷つけられる可能性が低くなります。また、壁やソファーなどを守る専用のカバーなどを取り付けることも効果的です。何より大切なことは無理にやめさせないことです。無理にやめさせようとすることでストレスを与えてしまうため、出来る限り爪をといでも大丈夫な環境を整えてあげる必要があります。