昔は、猫は外で飼育したり、家の中と外を自由に行き来できるようにしたりする飼育が多かったのですが、現在は完全に家の中での飼育が良いとされています。外を自由に行動することで、車にひかれてしまうことや野良猫とのケンカで病気になることや、命の危険があるからです。家の中だけで飼育するには、人間の生活から守る方法や、人間の生活に合わせるためのしつけが必要になります。人間にとっては迷惑と感じる行動も、効率の良いしつけの方法で改善することもできます。そのようなことで、取り上げられるのが、爪とぎです。決められた場所で行ってくれれば問題はないのですが、家具などでといでしまい傷むことがあるのです。爪をとぐ理由を知ることや、上手にしつけることで、本来の場所で爪をといでくれるようになります。

なぜ?爪をとぐ理由を考えてみよう

猫が爪を家具やソファー、カーペットなどで爪をとぐのは、いたずらをしているわけではないのです。爪をとぐのには、きちんとした理由があります。まずは。古い爪を剥がすためです。人間と違って、爪の構造は外側の古い層がはがれる仕組みになっています。この古い爪が残っているとムズムズするともいわれています。古い爪を剥がすために爪の先端が引っかかる素材が好きなのです。また、爪の周辺にニオイのする臭腺があり、爪をとぐことでニオイを着けています。自分の縄張りをアピールするために行っているのです。このような理由があるので、怒ってもやめることができないのです。このような理由があることを踏まえて、解決策を考えることができます。それにより、爪とぎをしてほしい場所でしてくれるようになります。

素材、角度、ほめるなどで改善できる

ソファーやカーペット、家具などで爪をとがないようにするには、してほしい場所で爪をといだ時に褒めてあげることが有効です。おやつをあげることなど、「ここで爪をとぐと良いことがある」ということを覚えてもらうのです。この方法はかなり有効です。爪を研ぐ素材にも好みがあります。麻や段ボール、カーペットなどに人気があり、この素材を使用した爪とぎを設置することも有効です。さらに、角度も好みがあります。床に置くタイプ、垂直、斜めなどがあります。キャットタワーや爪をとぐ専用のタワーなどが人気です。段ボールを使用したものは、様々な形を作ることができ、缶詰やベッドの形など複雑な形状でいろいろな角度から爪をとぐことができます。このように、ほめることや素材、角度で、猫が気持ちよく爪とぎをできる環境を作ってあげると、問題行動が減ります。