Home » デュプリケーターで簡単にDVD制作を

デュプリケーターで簡単にDVD制作を

大量のDVD制作をする場合には、普通のパソコンを使ってやっていては大変な時間がかかってしまいます。普通のパソコンは一度に一枚しかDVDにデータを書き込むことができません。また、ディスクの交換も手動でしなければならないので、労力も半端ないことになってしまうわけです。数百枚以上のDVD制作をする場合には、できれば専用のマシンを使うのがいいでしょう。デュプリケーターというマシンは、DVDの制作に特化したマシンです。これなら、一度に数枚から数十枚ものDVDを焼くことができるようになります。ディスクの交換も自動でやってくれるものがありますから、放置しているだけで大丈夫なのが嬉しいところです。寝ている間に数百枚分のデータの書き込みが終了しているので、時間を他のことに使えます。よく自主制作DVDを作っている人などには評判が高いです。

自主制作作品のDVD制作をするときは

自主制作映画や、インディーズの音楽等を配布する場合には、DVDにして配るのが一般的です。DVDは容量が大きいので、映画一本まるまる含めることができます。ブルーレイディスクよりは安価なので、大量に焼いたとしてもお金がかかりにくいのがいい部分だと言えます。DVD制作をするときには、業者に頼むのが普通です。数百から数千という単位でDVDを焼くのは生半可な作業ではありません。業者なら一日でそうした数のプレスも済ませてくれるので使い勝手が最高です。また、DVDにデータを焼くだけではなくて、パッケージについても相談ができるのもポイントです。作品はパッケージを見て内容を判断されることが多いので、市販されているもののようにデザインにも凝る必要があります。専門業者は、そういった部分についてまでケアしてくれるので頼りがいがあります。

結婚式のDVD制作とは

結婚式の際にエンディングにその日の出来事をDVDにして流すオプションがあります。新郎新婦が自分たちでその様子を客観的に見ることはできません。ですから、プロに撮影をしてもらって、その上で上映をする方法があります。今はDVD制作を行う専門の業者があります。専門業者であれば、時間内に編集まで行ってくれるので、当日作成をしたものだと思えないくらいにハイレベルなものを提供してくれます。ブライダルサロンでオプション選択をすることもできますが、個人で専門業者を探して依頼をすることもできます。参列者に撮影を任せることはできないので、業者に行ってもらうと安心感もあります。ゲストの顔も撮影で見ることができますし、挙式がスタートをする前の様子なども客観的に見ることができるようになっているので、依頼者も増加をしています。

2016年1月19日admin