Home » VHSをDVD制作し、よみがえさせる

VHSをDVD制作し、よみがえさせる

DVDが主流となった現在では、昔撮影した8ミリビデオテープやVHSを見れる機能を備えた機械が少なくなっており、高価な商品になってきています。せっかくの記録ですのでいつでも見れるようにする方法として、DVD制作があります。昔のVHSを送れば、DVDに変換し、DVDにしてくれるのと同時に、データでインターネットを通し、見ることも可能となります。保存もPCのデータとDVD両方で管理出来る為、万が一の事があっても安心できます。金額もそれほど高くはありません。また画質も多少、高度にしてくれたりもしますので、古くなっているVHSの画質を修正する為に制作するという使い方も可能です。ネットで調べると多くの業者がこのようなサービスを行っております。データ到着までもさほど時間もかかりません。この機会に古いVHSをDVDに変換し、整理することをおすすめします。

DVD制作を行う企業について

生活の中で誕生日や就職祝い、特別な記念日などに大きなサプライズとしてプレゼントを贈る習慣が日本にはあります。共に過ごした日をプレゼント渡したり、何かものを渡して驚かせようとすることもあります。その中でも友人や家族などが出演するDVDで何かコメントを残してそれを再生して、プレゼントにすると言うものが最近流行しています。このDVD制作を専門的に行っている企業も存在していて、立派なコンテンツの1つです。DVDをどのようにして作り、またその内容に関してどれほど相手を喜ばせられ、記憶や心に残るようなものに仕上げることができるかは出演する人間とそれを制作するお手伝いをする企業との連携にかかっています。スタジオで撮影し、衣装やセットなども制作外車には揃っており、素敵なDVDを作るのには最高の環境と言えるでしょう。

DVD制作で必要な知識とソフトについて

DVD制作ではソフトと簡単な動画編集をしたい時には編集の仕方などを簡単に学んでおく必要があります。通販などでDVD作成のソフトを買うとしたら大体のソフトに使い方のガイドなどがあるのでそれを参考にしてやると良いのではないかと考えます。DVD作成するにあたって大切なのは画質を落とさないかだと考えました。画質は写真や動画など1枚のDVDに入れようとすると入らないのでそれを圧縮するために画質が落ちたりします。できるだけ必要ない場面や必要のない画像などは編集するときにカットして容量を減らしていくと良いのではないかと考えました。また、DVDをわざわざ一枚にまとめるのではなく二枚などに分裂させてやると画質は変わらずにDVDを作成できます。画質が悪ければ完成した時などにも不満がのこるので注意をしながら作っていくと完成度の高いものを作ることが出来できます。

2016年1月19日admin